ダイエットで病院で痩身治療を受けるときの保険の適用

病院で痩身治療

ダイエットのために病院で痩身治療を受けるときは、保険は適用されるのでしょうか。適用される場合は、全て自己負担になるので、大きな費用がかかる場合もあります。そのため、適用になるかどうか、ということが気になっている、という人も少なくはないようです。

痩身治療には、適用になるものとならないものがあります。適用になるのは、肥満で糖尿病や高血圧などを指摘された場合や、肥満が原因で健康障害になる恐れがある場合や、すでに病気を患っている場合です。ダイエットをして健康に痩せなければ何らかの病気にかかる危険性がある場合や、既に病気を患っている場合は適用になるのです。

逆に適用にならないのは、外見を美しく見せたい、という美容目的で痩身治療を受ける場合です。女性がスタイルを維持するために受ける治療に関しては適用にならず、全額自己負担になるので注意が必要です。自分の場合は適用になるかどうか事前によく確認をして、治療を受けるようにしましょう。

ダイエットを病院で行う。メソセラピーで痩身治療

最近は、ダイエットと健康維持の目的で病院の痩身治療を受ける人が増えているようです。病院で行われている痩身治療には、いくつかの種類があります。その中の1つにメソセラピーという治療があります。この治療は、脂肪溶解注射とも呼ばれています。

脂肪溶解注射はこちらへ

治療方法は、その名前の通り、脂肪を溶かす薬剤を注入する、という方法です。注射を打つだけなので、時間もかからず、術後のダウンタイムの必要もありません。せっかくダイエットをして痩せてもリバウンドが心配だという人も少なくいはないようです。

この治療方法は、脂肪細胞を溶かして体の外に排出します。排出された脂肪細胞は再び体にたまることはないので、リバウンドがしにくいと言われています。そして、痩せやすい体になると言われているようです。効果に関しては、個人差がありますが、一度の施術で目に見えて効果が出る、ということはほとんどないようです。数回の施術で少しづつ効果を実感することができるようです。