病院での痩身治療に使われるゼニカルというダイエット薬について

病院での痩身治療に使われるゼニカルというダイエット薬について

ダイエット用の薬として脂肪の吸収を抑制するゼニカルという薬があります。本来は重度の肥満症などのための薬ですが、新たに摂取する脂肪の量を減らす効果が高いため、痩身治療の際の補助的なものとして使われています。ただ、日本ではまだ認可されていないので、手に入れるには個人輸入をするか美容外科などの病院で保険外で処方してもらう必要があります。

ダイエットというと、食事制限や脂肪を燃焼させる運動などつらいイメージがありますが、この薬を補助的に使えば、食べたい欲求を必要以上に我慢することもなく新たに入ってくる脂肪分を減らすことができるので、ストレスがかなり減るのでダイエットが苦痛ではなくなります。

ただ注意すべきは、既に体内にある脂肪を溶かして体外に排出するわけではないということです。新たな脂肪の摂取量をへらすだけです。ですから、これだけを用いてダイエットを成功させようとするのではなく、あくまで補助的なものとして利用を検討してみるといいでしょう。